無線LAN

オフィス、店舗、工場、からご自宅に無線LAN環境を構築します。暗号化通信などで高いセキュリティ対策も実施しますので安心してお使いいただけます。

タブレット、スマートフォンのインフラ環境

ワイヤレスネットワークこの数年でタブレット端末やスマートフォンが一般生活からオフィス環境、現場作業まで広がりました。
それらを支えるインフラは主にWifiと言われる無線LAN環境です。無線LANは複数の規格が存在することや、メーカー独自の通信方式、更に暗号化や認証方式などがあり、正しく設定できていないと、使っているうちにつながらなくなることがあります。

盗聴や無断接続を防ぐセキュリティ対策

ワイヤレスのセキュリティ無線LANの盗聴対策は主に「暗号化」によって行われます。通信の内容を暗号化し、第三者が信号を傍受しても内容を解読できない状態にします。
一方、接続機器を制限するために、様々な認証方式を行なっています。

暗号化と認証を正しく組合すことで強固なセキュリティを実現することができます。多くの機器はこうした煩雑な設定作業をなくすようワンタッチで設定ができるようにされていますが、一方で本当にセキュリティが確保されているのか確認することができないのがほとんどです。

安定して使える電波状況

無線LAN電波でつながる無線LANは、遠くになればなるほどつながりにくくなります。また、通信を行なう周波数帯(チャンネル)が、重なるとお互いに干渉し通信状態が著しく悪くなることもあります。
無線LAN環境も構築する際に、チャンネルや規格を正しく設計することで、長期的に安定した通信を確保するだけでなく、障害やトラブルに強いネットワークを構築することが可能です。

お問い合わせ